税務課

個人町民税

☆住民税とは

 個人町民税と個人県民税をあわせて「住民税」といい、納税義務者の前年中の所得を基にしてその翌年に課税されます。
 住民税には、所得に応じて課税される所得割と定額で課税される均等割があり、町民税の課税地で県民税とあわせて納めていただきます。

納税義務者
個人町民税を納める方 納める町民税
均等割 所得割
その年の1月1日に町内に住所があり、前年中に一定以上の所得があった方
町内に住所はないが、事務所や事業所または家屋敷のある方

 

● 町民税が課税されない方
所得割も均等割も
課税されない方
生活保護法による生活扶助を受けている方
未成年者、障害者、寡婦または寡夫で前年中の合計所得金額が125万円以下の方
所得割が課税されない方 前年中の総所得金額等が次の金額以下の方
扶養親族がいない場合 35万円
扶養親族がいる場合 35万円×(本人+扶養家族の人数)+32万円
合計所得金額よりも所得控除の合計額が大きい方
均等割が課税されない方 前年中の合計所得金額が次の金額以下の方
扶養親族がいない場合 28万円
扶養親族がいる場合 28万円×(本人+扶養家族の人数)+16万8千円

 

● 税額の算定方法
所得割 (前年中の所得金額-所得控除額)×税率-税額控除額
     課税所得金額
均等割 5,500円(うち町民税3,500円、県民税2,000円 )

 

 東日本大震災からの復興や防災の施策に要する費用の財源を確保するための臨時措置として、 平成26年度から平成35年度までの10年間、町県民税均等割額にそれぞれ500円が加算されています。

※平成19年度より、県民税均等割額には『いしかわ森林環境税』として、500円が加算されています。

● 納税の仕組み

納税の方法には普通徴収と特別徴収の2種類があります。

普通徴収 町民税は、納税通知書によって町役場から納税者に対して税額が通知され、原則4回(6、8、10、1月)に分けて納税していただきます。
納期限
第1期     6月30日
第2期     8月31日
第3期    10月31日
第4期   翌年1月31日
※納期限が土・日・祝日にあたる場合は、その翌日となります。
特別徴収 給与の支払者が6月から翌年5月までの12ヶ月毎月給与から天引きし、納税者に代わって町役場へ納めていただきます。
ボーナスからは差し引かれません。

 


※事業者向けの内容となっています

様式ダウンロード