総務課

川北町行財政改革大綱

 本町では、昭和61年5月に「川北町行財政改革大綱」を策定し、実現に向けて常に行財政改革に取り組んできました。
 その後、地方公共団体を取り巻く環境の変化や多種多様化する行政需要に対応するため、平成8年3月、平成11年12月、平成18年3月にそれぞれ行財政改革大綱の見直しを図り、種々の制度や組織の改革を順次推進してきました。
 平成18年3月の改定では、見直しを町の集中改革プランとして位置付け、行財政全般に亘り検討を加えるとともに具体的数値目標を定めた定員適正化計画を策定し、同時に策定した第3次川北町新総合計画(基本構想・基本計画)の推進を図りました。
 平成28年3月、国の「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」を踏まえ「川北町人口ビジョン」、そして「川北町版総合戦略」を策定しました。 
 また平成18年に「川北町基本構想・基本計画」を策定して以来10年の年月が経過したこともあり、「川北町基本構想・基本計画」の見直しもおこないました。