住民課

児童扶養手当

◎目的

  母子家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的とする制度です。

◎対象者・支給期間

 18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童(障害児については20歳未満)を扶養している母(父)または養育者の方で、対象児童が次のいずれかに該当する場合に支給されます。

 (1)父母が婚姻を解消した児童
 (2)父または母が死亡した児童
 (3)父または母が一定以上の障害(重度)にある児童
 (4)父または母から1年以上遺棄されている児童
 (5)父または母が1年以上拘禁されている児童
 (6)父または母の生死が明らかでない児童
 (7)母が婚姻によらないで懐胎した児童
 (8)父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

 ※子供の数・所得によって支給額は異なります。

◎手当て月額

 全部支給と一部支給があります。
 児童1人のとき全部支給は42,290円、一部支給は9,980円~42,280円
 児童2人の場合9,990円加算、児童3人以上の場合、1人につき5,990円加算されます。

◎支給月

  4月、8月、12月の年3回に分けて支給されます。

◎手続き

 役場住民課で行います。
 詳しくは住民課または県少子化対策監室(076-225-1421)までお問い合わせください。