住民課

心身障害者医療費助成

助成内容

保険適用分の医療費自己負担額(一部負担金相当額)を助成します。
助成方法は、2つ
 ①石川県内の医療機関窓口で、受給者証を保険証と一緒に提示いただくと窓口負担が無料(現物給付)
 ②医療機関会計窓口でいったんお支払いいただき、領収書を添えて役場へ申請してください(償還給付)
  【医療機関で提示しなかった場合、石川県外の医療機関を受診した場合 など】

注意:下記の費用は助成対象外です。
 ・人間ドックや予防接種など、保険適用にならない治療または薬剤費
 ・入院時の食事療養費及び生活療養費 保険適用後の自己負担額、差額室料や文書料など

助成対象者

・身体障害者手帳1~3級
・療育手帳A・B
・精神障害者保健福祉手帳1級(令和2年10月より)

利用方法

○手帳を取得し助成対象者となった方は、マル障医療費助成資格(認定・更新)申請書を住民課に提出して下さい (申請時に手帳の提示をお願いします)。
○後日、医療費受給者証を発行いたします。医療機関を受診する際に必ず窓口で保険証と併せて提示ください

注意:手帳を取得しても自動的に助成されません。申請忘れがないようご留意ください。

 ※ 受給者証の有効期間は、8月1日から翌7月31日までとなっています。更新時期が近づきましたらご案内いたします。



 

※令和2年10月より、償還給付となっていた65歳以上の方も現物給付になりました。
 これまで通り医療機関の窓口で一旦医療費を支払い、領収書を添えて診療日の翌日から1年以内に申請もできます。
 (保険点数の記載がない領収書やレシートの場合は、申請書に医療機関の証明を受けて申請して下さい。)

受給者証をお持ちの方でも、受給者証を忘れた場合の受診、県外の医療機関を受診した場合や更生医療の一部負担金等は対象外となりますので、一旦窓口で支払い、領収書を添えて申請してください