住民課

出産育児一時金 (川北町国民健康保険加入者)

出産育児一時金とは?

 国民健康保険の加入者が出産したとき、世帯主に出産育児一時金が支給されます。

支給額

第1子 40.4万円
第2子 50.4万円
第3子 60.4万円
第4子以降 70.4万円

なお、産科医療補償制度に加入している分娩機関等で出産された場合には、上記の表の金額に1.6万円が加算されます。

支給方法

  • 直接支払制度による方法(出産に要した費用を医療機関等が被保険者に代わって、国保連合会を通じて、町に支給申請する方法)
  • 受取代理制度による方法(医療機関等と被保険者の同意のうえ、本人申請により、医療機関等に出産に要した費用を支払う方法)

なお、直接支払制度、受取代理制度による申請額と支給額とに差額がある場合は、本人申請により、指定の口座に支払います。

申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑(認め印)
  • 母子手帳
  • 振込先の通帳
  • 領収書のコピー

注意点

妊娠12週以上でしたら、死産・流産の場合にも支給されますので、医師の証明書等をお持ちください。
会社を退職後6ヶ月以内に出産した人は、以前に加入していた健康保険から出産育児一時金が支給(ただし、1年以上継続して会社に勤務していた場合)されますので、国民健康保険から支給されません。