住民課

離婚届

 離婚届には、協議離婚によるものと、裁判離婚によるものがあります。
協議離婚による届出の際には、離婚届書1通と、川北町に本籍が無い方は、戸籍謄本が1通必要です。届書には、それぞれが自分で署名し、別々の印鑑(同姓で異なるもの)を押印する必要があります。なお、届出の際には、届書に押印した印鑑をお持ちください。
 未成年のお子様がいらっしゃる場合は、親権者をどちらかに、決める必要があります。届出には証人2名が必要です。証人はお二人が離婚する意思があることを知っている方で、成年の方であればどなたでも結構です。また、届出の際には、届出人の本人確認が必要ですので、官公署発行の顔写真付身分証明書(運転免許証・個人番号カード・パスポートなど)を提示していただきます。なお、本人確認ができない場合については、届出人あてに文書で通知いたします。(旧氏名、旧住所へ送付)
 つぎに、裁判(調停など)による届出の際には、裁判の申し立てをした方は調停の成立または審判もしくは判決の確定の日から10日以内に、離婚届書1通申立て人の印鑑と必要書類を添えて届出しなければなりません。川北町に本籍がない方は戸籍謄本も1通必要です。なお、裁判による離婚の場合、証人は必要ありません。
 離婚届は閉庁後や土曜日・日曜日・祝日の場合でも受け付けています。ただし、この場合は転出など住所変更の手続きはできませんので、後日あらためてお越しいただくことになります。

詳しくは、住民課までお問い合わせください。