総務課

川北町高齢者安全運転装置設置促進事業補助制度

高齢者の交通安全意識の高揚と交通事故防止及び事故時の被害軽減を図ることを目的として、65歳以上の方を対象に、後付けできる安全運転装置の購入及び設置費用の一部を補助します。


※令和2年4月1日以降に事業者で設置されたものが対象となります。


ご不明な点がありましたら、役場総務課までご連絡ください。


安全運転装置

〇踏み間違い急発進等抑制装置
  アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置
〇安全運転支援機能付きドライブレコーダー
 自動車に搭載して走行中又は停車中の状況を映像で記録する装置(スマートフォン等を活用したものを除く。)
安全運転支援機能とは、先行車と接近し過ぎた際に警告音等で知らせ衝突を防止する機能、走行中に車線をはみ出した際に警告音で知らせる機能等の安全運転を促す、若しくは補助する機能。


対象者

次のいずれにも該当する方
①    満65歳以上の方
②    装置の設置日及び申請日において町内に住所を有していること
③    自動車検査証等に記載された使用者と同一であること(事業用車両を除く。)
④    有効期限内の自動車運転免許証を保有していること
⑤    町税等を滞納していないこと
⑥    事業者で取り付けをしていること

補助金額

〇補助対象経費の2分の1を補助し、申請者1人につき車両1台1回。(上限額2万円、100円未満は切り捨て)
〇踏み間違い急発進等抑制装置とドライブレコーダーを同時に設置した場合は、限度額に1万円を加算した額を限度額とします。

申請に必要な書類

〇申請書(総務課窓口または町ホームページにて入手可。)
〇自動車検査証の写し
〇補助対象経費の見積書および領収書の写し
 上記の書類で装置の名称、設置日、金額等が確認できない場合
 ➡「高齢者安全運転装置設置証明書」を事業者に記入してもらってください。
〇自動車運転免許証の写し
〇安全運転装置の機能が確認できるものの写し(※装置の取扱説明書の写しでも可)
〇安全運転装置設置完了後の状況写真 
○振り込み口座のわかるものの写し
〇その他町長が必要と認める書類

申請書様式について



⇒(※装置の名称、設置日、金額等が確認できない場合、「高齢者安全運転装置設置証明書事業者」に記入してもらってください。